What's on at Keio

お知らせ・イベント

Jun
17

|


  • #コレクション
  • #連携
  • #KeMCo
キャンパス・カルチャーウォーク 360°

キャンパス・カルチャーウォーク 360° 公開

慶應義塾のキャンパスを歩いていると、様々な文化財に出会います。建築、そのそばに立つ彫刻や、壁に掛けられた絵画、なぞめいた石碑から、縄文・弥生・古墳時代の遺跡まで、これはなんだろう?と足を止めた方も多いのではないでしょうか。さまざまな物語をたずさえて、長い時間をかけて集まってきた文化財コレクションによって彩られたキャンパスは、ひとつのミュージアムのようです。 慶應義塾ミュージアム・コモンズでは、デジタル技術を活用して、これらのコレクションをさまざまな切り口から掘り下げ、共

Jan
20

|

Feb
21

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #アート・スペース
  • #三田

アート・センター アート・アーカイヴ資料展 XX:影どもの住む部屋II―瀧口修造の〈本〉―「秘メラレタ音ノアル」ひとつのオブジェ

これは「書斎」というべきものか。それこそ「影どもの住む部屋」というべきか。[…]紙にひだをつける、ただそれだけの行為。それは交信紙と名づけられるはずの用箋にすぎない。[…]それらはオブジェであり、言葉でもある。永遠に綴じられず、丁づけされない本。 ―瀧口修造「白紙の周辺」    「秘メラレタ音ノアル」ひとつのオブジェ。それはひとつの行為を内蔵してしまったもの。 ―瀧口修造「アララットの船あるいは空の蜜へ小さな透視の日々」   &nb

Jan
17

|

Mar
12

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #三田
  • #三田メディアセンター

民族学考古学資料展「出会い、さまざまなカタチ」

出会いで満ちたなら、世界はもっと素晴らしい! 人と人、人とモノが絶えずからみ合い、せめぎ合い、新しいカタチが花ひらく。そのめぐり合わせの妙が文化を育み、世界と人生を豊かにする。今も昔も、これからも。 幸運なことに、今ここ(慶応義塾)に驚くほどさまざまなカタチがある。オセアニアの民族資料、オリエントの古物、弥生・古墳・古代の遺物、そして出土獣骨。文学部の専門科目「民族学考古学研究法」のなかで、受講生たちはこれらの資料を手に取り、じっくりと眺め、スケッチして解説文を考えた。そ

Nov
11

|

Nov
22

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #アート・スペース
  • #三田

アート・センター 彼方の男、儚い資料体

ある特定の誰かについて、面白い人だ、あるいは退屈な人だと語るとき、私たちはその人物のさまざまな振舞いをひとつの平板なイメージへと還元し、本質として固定しようとしている。しかし、当然ながらその人物は面白い振舞いをするときもあれば、退屈な振舞いをするときもあるだろう。さらには、振舞いの興趣に関する判断は視点によって異なるはずだ。   奥村雄樹による今回の個展の中核を成すのは、「彼」と呼ばれる誰かをめぐる9人の回想で構成された映像作品《彼方の男》(2019)で

Sep
09

|

Nov
01

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #アート・スペース
  • #三田

アート・センター アート・アーカイヴ資料展XIX × プリーツ・マシーン3:中嶋興―MY LIFE

本展では、中嶋興の《MY LIFE》に焦点を当て中嶋の制作の諸断片と出来事を折り畳む方法を通じてアーカイヴを作るという営みについて思考する。    

Jun
03

|

Jun
28

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #アート・スペース
  • #三田
  • #三田メディアセンター

「本の虫・本の鬼」2019年度センチュリー文化財団寄託品展覧会・特殊文庫連携展示

書物と、それに取り憑かれた人々との関わり合いを、「集散する書物」「善本への希求」「出版への執念」という三つの視点から見ていきます。同時期に金沢文庫・五島美術館・静嘉堂文庫・東洋文庫でも書物に関する展示を行います。   (図版)脇坂安元旧蔵「公任家集」江戸時代初期写

  • #イベント
  • #コレクション
  • #KeMCo
  • #KeMCo

LINE Bot による作品情報配信:Ask KeMCo(アスク・ケムコ)

2019年6月1日   「気に入った作品を持ち帰る」新しい方法の提案として、LINE Bot を活用した作品情報配信ツール「Ask KeMCo(アスク・ケムコ)」を開発しました。   展覧会で気に入った作品の番号をトークに入力すると、作品の画像と詳細な解説が送られてきます。送られてきた作品情報は、LINE上で友人にシェアすることができます。開催中の展覧会に出品されている作品情報のほか、慶應義塾で開催されるイベントの情報などもお知らせしま