What's on at Keio

お知らせ・イベント

Apr
07

|


  • #プレス
  • #KeMCo
  • #KeMCo

【重要・更新】新型コロナウイルス感染症拡大にともなうKeMCo事務室の閉室について

大学内施設の閉鎖にともない、慶應義塾ミュージアム・コモンズ事務室は以下の期間、閉室いたします。   期間:2020年4月7日(火)~当面の間 ※政府による緊急事態宣言の発令により延長しました。 (また、今後の感染拡大の状況によっては延長することがあります。) 参考)「緊急事態宣言」にともなう学内施設の閉鎖期間の変更について   上記期間中、不要不急のお問い合わせおよび電話での問い合わせはお受けできません。緊急の場合

  • #KeMCo

三田評論にKeMCoを紹介する記事が掲載されました

2020/3/13   三田評論2020年3月号に、慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)を紹介する記事「慶應義塾ミュージアム・コモンズ─三田キャンパスの創造的『空き地』」が掲載されました。三田評論ONLINEでもご覧いただけます。   参考: 三田評論ONLINE [el url="https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/other/202003-1.html"]慶應義塾ミュージアム・コ

Jan
20

|

Feb
21

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #アート・スペース
  • #三田

アート・センター アート・アーカイヴ資料展 XX:影どもの住む部屋II―瀧口修造の〈本〉―「秘メラレタ音ノアル」ひとつのオブジェ

これは「書斎」というべきものか。それこそ「影どもの住む部屋」というべきか。[…]紙にひだをつける、ただそれだけの行為。それは交信紙と名づけられるはずの用箋にすぎない。[…]それらはオブジェであり、言葉でもある。永遠に綴じられず、丁づけされない本。 ―瀧口修造「白紙の周辺」    「秘メラレタ音ノアル」ひとつのオブジェ。それはひとつの行為を内蔵してしまったもの。 ―瀧口修造「アララットの船あるいは空の蜜へ小さな透視の日々」   &nb

Jan
17

|

Mar
12

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #三田
  • #三田メディアセンター

民族学考古学資料展「出会い、さまざまなカタチ」

出会いで満ちたなら、世界はもっと素晴らしい! 人と人、人とモノが絶えずからみ合い、せめぎ合い、新しいカタチが花ひらく。そのめぐり合わせの妙が文化を育み、世界と人生を豊かにする。今も昔も、これからも。 幸運なことに、今ここ(慶応義塾)に驚くほどさまざまなカタチがある。オセアニアの民族資料、オリエントの古物、弥生・古墳・古代の遺物、そして出土獣骨。文学部の専門科目「民族学考古学研究法」のなかで、受講生たちはこれらの資料を手に取り、じっくりと眺め、スケッチして解説文を考えた。そ

Nov
11

|

Nov
22

  • #イベント
  • #コレクション
  • #その他の活動
  • #アート・スペース
  • #三田

アート・センター 彼方の男、儚い資料体

ある特定の誰かについて、面白い人だ、あるいは退屈な人だと語るとき、私たちはその人物のさまざまな振舞いをひとつの平板なイメージへと還元し、本質として固定しようとしている。しかし、当然ながらその人物は面白い振舞いをするときもあれば、退屈な振舞いをするときもあるだろう。さらには、振舞いの興趣に関する判断は視点によって異なるはずだ。   奥村雄樹による今回の個展の中核を成すのは、「彼」と呼ばれる誰かをめぐる9人の回想で構成された映像作品《彼方の男》(2019)で

Nov
06

|

Dec
21

  • #イベント
  • #ファシリティ
  • #その他の活動
  • #三田

図書館旧館内部の限定公開(期間延長)

耐震補強および保存修理のための改修工事を終えた、三田キャンパス図書館旧館のエントランスホールを、7月から10月までの予定で一般公開していましたが、12月まで期間を延長して公開します(内部工事開始までの期間限定となります)。

  • #イベント
  • #KeMCo
  • #その他(三田)
  • #三田

開催報告:KeMCoトークセッション「ミュージアムとコモンズ」

2019/11/07   2019年10月25日(金)に、慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)を紹介するトーク・セッション「ミュージアムとコモンズ」が開催されました。

Oct
25

  • #イベント
  • #KeMCo
  • #その他(三田)
  • #三田

KeMCoトークセッション「ミュージアムとコモンズ」

慶應義塾には、複数の重要文化財を含む、数多くの美術品や文化財があります。 2021年3月に開館を予定している「慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo:ケムコ)は、これらの文化コレクションを相互に結びつけ、コレクションに関わる人々の交流を生み出す、新たな大学ミュージアムです。 KeMCoは、三田キャンパス東別館跡地に建設中の施設を拠点として、先進的なデジタル技術を活用した展示や教育・研究、義塾文化財のオンライン公開などの活動を展開する計画です。 このトーク

  • #イベント
  • #KeMCo
  • #三田

UMAC東京セミナードキュメンタリー映像公開

2019/10/20   2019年9月9日(月)~10日(火)に開催した、国際カンファレンス「UMAC東京セミナー」のドキュメンタリー映像を公開しました。 14の国と地域から専門家が集い、これからの大学ミュージアムの姿について議論を交わした2日間の記録です。