【次回展】大山エンリコイサム Altered Dimension

都市のさまざまな空間に名前をかき残していくライティング文化に関心を寄せ、エアロゾル・ライティングの文字形体を抽象化し再解釈した独自のモティーフ「クイックターン・ストラクチャー(QTS)​​」を展開する美術家・大山エンリコイサム。
大山の問題意識のひとつとして、QTSにおける正面性の問題がありますが、近年はそこから派生し、平面と立体、二次元と三次元の揺らぎのなかに生じる重なりやずれへとその関心を広げています。また、QTSが横断する支持体の素材や、その組み合わせによって、知覚を揺さぶるような実験的制作にも取り組んでいます。
新作を中心とした本展覧会では、単純に切り分けることのできない次元のつらなりや、システムの乱れから生じる事象を通して、QTSの新たな造形を引き出そうとする大山の思考に迫ります。

  • 日付

    2022年10月17日(月)~12月16日(金)

    月火水= 11:00–17:00、木金= 11:00–19:00 [土日祝休館]
    ※特別開館|11月5日(土)、12月3日(土)11:00–18:00
    ※臨時休館|11月7日(月)、12月5日(月)

  • 場所

    慶應義塾ミュージアム・コモンズ(三田キャンパス東別館)

  • 対象

    どなたでもご覧いただけます

  • 費用

    無料

  • お問い合わせ

KeMCo StudI/O特別開室日

KeMCo StudI/Oは、本展会期中、以下のとおり特別開室いたします。《FFIGURATI #314》は特別開室日以外にもご覧いただけますが、特別開室日にはより間近でご覧いただけます。また、KeMCo StudI/Oの設備や活動を紹介いたします。

 

10月17日(月)、20日(木)、25日(火)、28日(金)

11月4日(金)、5日(土)、8日(火)、11日(金)、14日(月)、17日(木)、21日(月)、22日(火)、25日(金)、28日(月)

12月3日(土)、6日(火)、9日(金)、12日(月)、16日(金)

※開室日時・時間は変更になる可能性がありますのでご注意ください。変更がある場合はこちらのウェブサイトまたはSNSにて告知いたします。

 

関連イベント

1.トーク・イベント|大山エンリコイサム × 青木野枝(彫刻家)

日時:2022年11月11日[金] 19:00 – 20:30   [無料、事前予約制]

会場:慶應義塾大学三田キャンパス G-Lab(東館6階)

※イベントのお申込開始まで今しばらくお待ちください。ウェブサイトおよびKeMCo SNSにて告知いたします。

 

2. 記録集2023年3月刊行予定

 

プレスリリースはこちら

デジタルパンフレットはこちら

 

主催:慶應義塾ミュージアム・コモンズ

協力:Takuro Someya Contemporary Art、株式会社中川ケミカル

 

 

図版:「Altered Dimension」展のための試作
©︎Enrico Isamu Oyama
Photo ©︎Katsura Muramatsu (Calo works)

関連コンテンツ

関係者